アスミールに副作用があるのか、飲む前に一番心配になることですよね。

小さなお子さんや成長期のお子さんに副作用があったら、とんでもないですから。

結論から言うと
「副作用の心配はありません」

そもそも副作用があるのは薬で、アスミールはサプリメントと同じ栄養補助食品なので副作用の心配はないので安心して飲ませることができます。

ただ、やっぱり栄養補助食品だからと言っても飲みすぎはNG!

子供に合わせた栄養分で作られているので、たくさん飲むと

  • 栄養が吸収されずに排出される
  • 下痢や嘔吐などの体調不良を起こす
  • 消化器官に負担をかける

などのデメリットがあります。

これはアスミールの副作用でもなんでもなく、食べ物でも食べ過ぎてしまえば体調不良を起こすのと同じなので、飲みたいだけ飲ますのではなく、飲む量はきちんと守りましょう。

特に小さなお子さんは美味しいと思うとたくさん飲みたがりますよね。

「おかわり」と言われてもおかわりをさせないようにすることと、自分で作れるお子さんも1日の量をしっかり決めておくようにしましょう。

特にせっかくの成長サポートなのに「これで栄養を摂れば大丈夫」と食事を抜くのもよくありません。

1日の必要栄養素を80%もサポートしてくれたとしても食事はメインです。

1日1杯を毎日習慣にすることが、体を健康に保つ秘訣とかんがえてくださいね。

牛乳でお腹を壊してしまうときは

アスミール 牛乳

アスミールの副作用ではなく、牛乳で下痢してしまう子もいますよね。

冷たい牛乳を飲むと下痢をしてしまうからムリと思うかもしれませんが、冷たくなくても問題はないので温かい牛乳で飲む方法もあります。

また、冷温関係なく温かいシチューとかでもお腹を壊してしまうときには牛乳が原因で乳糖不耐症の可能性があるので、豆乳や他のものに混ぜてあげることで解決できます。

基本的には1日たった1杯で栄養補給ができるということで、小さなお子さんでも飲めます。

牛乳が飲めるようになればOKなので、アスミールの刺激が強いというわけではありません。

この他にもお腹がごろごろしないように、乳糖が減らしたタイプの牛乳もあるので、牛乳で溶かすのが好きなら、ちょっと工夫してあげると良いでしょう。

アスミールは副作用の心配がないので、飲み過ぎではないけど腹痛・下痢が気になる場合にはアスミール以外に問題があることが考えられます。

冷たい牛乳が問題なら温かくしたり、他の飲みものに変えてみるなどの工夫をしてあげてくださいね。

>>牛乳嫌いでも飲みやすい!アスミールの公式サイトへ