アスミールは薬ではないので、1日1杯好きなタイミングで飲めば良いです。

が、どうせなら効率良く飲みたい!って思いますよね。

アスミール 飲むタイミング

アスミールの飲むタイミングで効果的なのは「夜寝る前」です。

とはいっても、寝るすぐ前と言うわけではなく、午後10時から午前2時までの間に栄養が働きやすいように飲むことが大切で、寝る2時間くらい前を目安に飲むと良いです。

午後10時からの4時間はゴールデンタイムと呼ばれていて、成長ホルモンの分泌が一番活発な時間帯で、体のメンテナンスや成長に重要な時間帯になります。

寝る子は育つと言いますが、夜型だったり、この時間を逃しては効率良く身長は伸びません。

ただ、やめてほしいことが
『アスミールを飲むタイミングと効果を考えて、夜ごはんを減らすこと』

ご飯がメインで、アスミールは栄養を補助するサポートです。

もともと小食で飲むことができないなら、なるべく夕食の時間を早めたり、入浴後ののどが渇いている時に習慣にするなど、飲みやすい環境作りをしていきましょう。

また、朝ご飯を食べないとか、夜飲むのが難しい時は朝飲んでも良いです。

たしかに成長ホルモンの分泌をサポートするのはゴールデンタイムが一番かもしれませんが、朝の栄養も子どもにとってはとても大切です。

大人にとっても朝活が注目されているように、脳の生活で変わります。

夜にしっかり食事をしてお腹いっぱいでも、アスミールの飲む量は少ないので、比較的無理をしなくても飲めるのですが、夜に詰め込みすぎるとお腹を壊してしまうなら、他の時間に摂る工夫をしましょう。

効率はかわるかもしれませんが、まず一番大切なのは『毎日同じ時間に習慣にする』ということです。

オヤツを食べてしまって夜ご飯が食べられない子なら、ジュースやお菓子をやめてアスミールに変えてみるだけでも、栄養バランスがかわります。

成長ホルモンの分泌までに栄養が吸収されてしまうのでは?

なんて気にするかもしれませんが、もしそう思うならゴールデンタイムに合わせた生活を心がけてください。

最近は塾や習い事と寝るのが遅い子が多いです。

夜10時のゴールデンタイムに寝ることを考えれば、その2時間ほど前から布団に入らなくてはいけないので、かなり難しくなります。

そのため、アスミールの飲むタイミングで効果をアップしようと思うなら、親の協力も大切!

そして、もちろん子供の身長を伸ばしたいという気持ちで習慣になるかどうかがかわります。

なかなか難しいかもしれませんが、ゴールデンタイムとアスミールを飲むタイミングを頭に入れて、飲み続けるようにしましょう。

>>生活が心配ならアスミールで成長サポートを